CLUB

クラブコンセプト             
             『上手くなりたい!将来プロになりたい!』そういう君のサポートを。

  Jリーガー10名輩出、光ると高い個人技のベースに変幻自在のパスワークとドリブルを織りまぜた華麗なセゾンサッカー


1984年: 当時少年団しかなかった滋賀県のサッカーシーンに県内初のクラブチームとして、サッカーの内容はもちろんトレードカラーの青と緑のユニホームや二匹の獅子に支えられた「勇気の剣」「知恵の鍵」「優雅の花」それらを司る「誇りの王冠」などが描かれたワッペンとペナントの斬新なロゴマークなど全て今までなかったようなスタイルを目指して誕生。

1985年: 協会登録。

1988年: 第3種(ジュニアユース)発足。目先の結果や勝利にとらわれることなく各選手の数年後の将来を常に見据えた指導は全国的にも高い評価を受け今まで数々の好選手を生み出し滋賀県内最多のJリーガー10名を輩出している。これだけJリーグの下部組織ではない地方のクラブから何人ものプロを出しているのは日本中で数少ないであろう。 事実全国で三菱養和についで第2位 (関西ではNO.1) そのサッカーは前述のロゴマークの獅子のデザインをモチーフにした大胆かつ華麗で、光るセンスと高い個人技のベ−スに変幻自在のパスワークとドリブルを織りまぜた類を見ないスタイルでそれは現在日本のサッカーに足りない部分やこれから先に歩むべき道に数多くのヒントを示している。現在も未来にキラリと光り輝く可能性を秘めた選手を育成中。セゾンフットボールクラブは「上手くなりたい、将来ブロになりたい!」そういう君の夢をサポートします。

                         "少年よ大志を抱け"

                                          

スタッフ
監督 岩谷 篤人
サッカーに関して特に選手の指導、育成にかけては右に出るものはいないくらい 突出した才能を持つ監督である。その指導スタイルは類を見ないオリジナルで、口で分かりやすく事細かに説明したり、ヒントだけ言い選手に考えさせたりと臨機応変に状況によって変わる。しかしそのベースは選手の数年後を考え今何をしなければならないかを常に見据えたものである。現在はセゾンフットボールクラブを指導するかたわら、全国的に指導力は高く評価されていて他府県の地域の招請に応じてサッカー講習会を行ったりしている。2003年より県立野洲高校コーチを引き受ける。2005年より6年連続野洲高校を冬の全国高校サッカー選手権大会出場に導く。
コーチ 加藤 雄一
U-15担当 静岡学園高校サッカー部卒 セゾン10期生  
コーチ 土川 晶夫
U-13担当
コーチ 野田 雄司
U-14担当

コーチ 潮入 恭平
静岡学園高校サッカー部卒 セゾン14期生 大阪セゾン監督

コーチ 潮入 啓太
野洲高校サッカー部卒 セゾン18期生
経歴 07国体選抜、07ナショナルトレセンU-16、08高校総体優秀選手、08高校選手権滋賀県大会ベストイレブン